2013年08月06日

Kalafina LIVE TOUR 2013 “Consolation”Special Final

梶フェス以来の国際フォーラム!!
Kalafinaライブツアー“Consolation”Special Final行ってきました。

ツアーファイナルという事で今まで各会場で売っていたご当地T勢揃い!!
CIMG1151.JPG
これだけ並ぶとなんか凄い。でもここで全部買えるとか
“ご当地T”の意味がないん…あ、何でもないです。

今回のツアーはこの日だけの参加なので、久々のKalafinaでした。
コンソレ曲は4月の1DAYライブでも聴いていたし
今回はその時からどう変わっているのかを楽しもうかな〜?
なんて思っていたらまさかの豪華ゲスト陣にびっくりしっぱなしでした。
前に梶浦さんが「Kalafinaライブはゲストをお呼びすることはない」的な
発言をしていたのでまさかゲスト様がやってくるとはははは!!!!
しかも3人も!!そしてプレーヤーゲストとか!!
何て俺得な布陣なんでしょう…といわんばかりのメンバーでございました。

【日時】2013年8月4日(日)
【会場】東京国際フォーラム
【開場】16:00【開演】17:00
【出演】Kalafina[Wakana、Keiko、Hikaru]
【Support Musician】Guitar:是永巧一、Bass:高橋“Jr”知治
Drums:佐藤強一、Violin:今野均、Manipuretor:大平佳男
Keyboard:櫻田泰啓
【guest】accordion:佐藤芳明、Cello:結城貴弘、Flute:赤木りえ

気になった曲などの感想を。

01.overture〜consolation
02.Kyrie

03.胸の行方
この曲が序盤に来るのがなんだか新鮮〜。

04.Door
05.moonfesta〜ムーンフェスタ〜

moonfestaが終わったあとのMCで
次の曲はアコーディオンと一緒の曲なんですけど〜
ってKeikoが話し出して…いやいや、話したところで
生アコーディオンじゃないんだし(笑)とか思っていたら
佐藤さんに来ていただきました〜とか言うもんだから
ええええー!!!!ともの凄く驚いた!!

06.花束
梶フェスの時にもう二度と聴けないだろうと思って
心して聴いていたのだけど、まさかこんなに早くもう1度
聴けるとか…想像もしていなかった。

07.red moon

08.Magia[quattro]
まさかの[quattro]バージョン!!
生のクアトロはもう迫力ありすぎでおどろおどろしさが
さらに増してました(笑)
劇場で初めて聴いた時以上におどろおどろしかった。
この後のMCで「quattro」は3人の声に+バイオリンで4声って意味で
「quattro」って付けたって言ってました。

さらにここのMCで次にお届けする曲はチェロが入っている曲で…
と話をしはじめて、ここで皆さんにチェロも生で聴いていただきたと
思います、とまさかの2人目のゲスト登場!!!!

09.木苺の茂みに
クリスマスライブ以来すっかり結城さんというかチェロの虜だった
私にどんぴしゃなプレーヤーさんゲストでうわわわわ〜と。
しかしこうもKalafinaライブだけチェロがくると
やっぱりFJライブにも呼んで欲しいいいー!!と思ってしまうんですが。
そして豪華にこの1曲のためだけに結城さん呼んじゃってる
とこが。できれば「屋根のむこうに」やって欲しかったよー!!

10.満天
11.to the beginning

12.when the fairy tale ends(inst)
インストー♪しかし梶フェスが脳裏をよぎり
あぁー赤木さんが欲しいなー。でも無理だよね、それは…。
もうすでに2人のプレーヤーゲストいるんだから贅沢贅沢…と
思っていたんだけどまさかアンコールであんなことになろうとは
その時は考えもしなかった…。

13.fairytale
when the fairy tale endsからのfairytaleって流れ一度やって
欲しいなーと思っていたからこの流れはおお!!ってなりました。

14.magnolia
15.destination unknown

16.signal
再び佐藤さん登場ー!!ソロパートのところかなり
アレンジしていてCDと違う演奏してました。
うひょ!!格好いい!!!!やっぱり佐藤さんの音好きだなぁ。
そしてやっぱりこの曲のWakanaが好きー♪

17.obbligato
18.音楽
19.未来

アンコール
E01.overture〜ひかりふる

ここのMCでまさかの赤木さん登場!!
正直もう結城さんが出てきた時点で
「もう何が来ても驚かないぜっ!!」とか思っていたのに
あり得ないでしょ的展開に驚いてしまった…。
主催者側の思うツボだな、自分(笑)

E02.光の旋律
赤木さんとの共演。梶フェスの時にやって欲しいなーって
のがまさかここで。でもCDの演奏は赤木さんじゃないんだよね、この曲。
あとはいつも間奏の時は手拍子だけど今日だけは
みんな大人しく赤木さんのソロを堪能してましたね。
しかし赤木さんいるならwhen the fairy tale endsの時に出て欲しかった
とどーしても思ってしまうのですが。

E03.夢の大地

そんなわけで驚きっぱなしのライブ終了。
まさに「スペシャル」の名にふさわしい内容でした。
Kalafinaライブでこんなに興奮したのはおそらく初期の頃以来の
ような気がする。
まぁでもKalafinaの3人は絶好調って感じでもなかったんだけれど。
久々にけぇちゃんが「音楽」思いっきり音はずしてたし(^_^;
ただ「signal」の時のWakanaの声は気持ちよかったので今日は
それだけでいいやって思った(笑)

CIMG1146.JPG

そして映像化も決定で今回のライブが映像でまた見られるのは
かなり嬉しいー♪ついに赤木さん映像化!!佐藤さんと結城さんの演奏が
いつでもお家で見られると思うと。そしてついにFBMのインストも!!
さすがに…今回はカットされないだろうと信じてる!!
MCいつもより短めだった気がするんだけどやっぱり映像化を
意識しての事だったのかな?なんて思ったり。

【セットリスト】
01.overture〜consolation
02.Kyrie
--MC--
03.胸の行方
04.Door
05.moonfesta〜ムーンフェスタ〜
--MC--
06.花束
07.red moon
08.Magia[quattro]
--MC--
09.木苺の茂みに
10.満天
11.to the beginning
12.when the fairy tale ends(inst)
13.fairytale
14.magnolia
15.destination unknown
16.signal
17.obbligato
18.音楽
--MC--
19.未来
アンコール
E01.overture〜ひかりふる
--MC--
E02.光の旋律
--MC--
E03.夢の大地
2013年05月11日

20th Anniversary Yuki Kajiura LIVE vol.#10 "Kaji Fes. 2013"

とにかく夢のような5時間半でした♪
まさか本当にこんな豪華なライブが実現するなんて…。
私が梶浦さんの音楽の出会った時には想像すらつかなかったし、
そもそもライブやるって事自体その時は思ってもいなかったしで、
こんなライブあったらいいなーって日々妄想していたのが
現実になった1日でした。
本当に大袈裟じゃなく「夢のような」ライブでした。

そしてもともと5時間のわけが…やっぱり時間通りに行くわけがないと。
まぁそこらへんは予想済みでした(笑)
でも今回の梶浦さんは、MC少なめで時間通りに終わらせようと頑張ってました。

あと一応カメラが入ってはいたんですが、あれは会場のモニター用の
カメラなのか映像化用のカメラなのかいまいちよく
分からなかったんですが…映像化…して欲しいな。

【日時】2013年5月11日(土)
【会場】東京国際フォーラム ホールA
【開場】14:00【開演】15:00
【出演】梶浦由記/FictionJunction、Kalafina、FictionJunction YUUKA
【ゲスト】Emily Bindiger、笠原由里、伊東えり、戸丸華江
赤木りえ、ASUKA、REMI、佐藤芳明
【FRONT BAND MEMBERS】Guitar:是永巧一、Bass:高橋“Jr”知治
Drums:佐藤強一、Violin:今野均、Manipuretor:大平佳男
Keyboard:櫻田泰啓

先にセットリストを。

【セットリスト】
第1部
-Kalafina パート-
01.overture〜oblivious(with 戸丸華江)
02.consolation(with 戸丸華江)
03.花束(with 佐藤芳明)
04.signal(with 佐藤芳明&貝田由里子)
05.ひかりふる
06.あんなに一緒だったのに(See-Sawカバー)

07.ordinary sunset〜romance(佐藤芳明&是永巧一)

-FictionJunction パート-
08.overture〜everlasting song(with ASUKA)
09.Parallel Hearts
10.Distance
11.時の向こう 幻の空
12.stone cold
13.うた(See-Sawカバー)
(ASUKA&赤木りえ コーラス:WAKANA・KEIKO・KAORI・YURIKO KAIDA・ HIKARU)

14.when the fairy tale ends(FBM with 赤木りえ)
15.homecoming

-FictionJunction YUUKA パート-(コーラス:貝田由里子&HIKARU)
16.overture〜circus
17.荒野流転
18.blessing(with 佐藤芳明)
19.nostalgia(with 赤木りえ)
20.六月は君の永遠
21.暁の車
22.Silly-Go-Round
23.nowhere
24.優しい夜明け(See-Sawカバー with赤木りえ)

第2部
25.Point Zero(FJ with 笠原由里)
26.let the stars fall down(貝田由里子&戸丸華江)
27.lotus(戸丸華江&貝田由里子&KEIKO&KAORI)
28.Rainbow〜Main Theme〜(REMI)
29.lumious sword(REMI & KAORI)
30.Historia:opening theme(FJ)
31.Credens justitian(FJ with 赤木りえ)
32.voices silently sing(FJ with 伊東恵里&赤木りえ)
33.once upon a time there was you and me(FJ with 伊東恵里&赤木りえ)
34.a song of stome and fire(FJ with 伊東恵里)
35.Crush(FBM & 赤木りえ)
36.Alone(KEIKO & 伊東恵里)
37.Bloody rabbit(FJ)
38.Contractor(FJ with 伊東恵里)
39.we're gonna groove(FBM & 佐藤芳明)
40.canta per me(貝田由里子 & 佐藤芳明)
41.salva nos(笠原由里 with FJ)
42.the world(Emily Bindiger WAKANA・KAORI・YURIKO KAIDA)
43.key of the twilight(Emily Bindige WAKANA・KEIKO・YURIKO KAIDA)
44.fake wings(Emily Bindiger)
45.forest(Emily Bindiger with KAORI・YURIKO KAIDA・KEIKO+赤木りえ)
46.目覚め(戸丸華江&FJ)
47.MATERIALISE(笠原由里&FJ)
48.zodiacal sign(FJ)
49.Sweet Song(FJ with 赤木りえ)

-アンコール-
50.the image theme of Xenosaga U(FJ)
51.every time you kissed me(Emily Bindiger with WAKANA・YURIKO KAIDA・KEIKO+赤木りえ)
52.open your heart(全員)

編成もざっくり書いてみたけどこんな感じだった気がします。

では1曲ずつの感想でも。

続き読んじゃう?
2013年04月21日

「梶浦由記 / FictionJunction Yuki Kajiura LIVE vol.#9 “渋公Special ”」発売記念トークイベント【1回目】

1回目の方に行ってきましたー。

image/2013-04-26T12:37:51-1.jpg

【日時】2013年4月21日(日)
【会場】秋葉原UDX THEATER
【集合】13:20 【開場】13:30【スタート】14:00【終演】15:00
【出演】梶浦由記、是永巧一、野崎圭一
2013年04月06日

Kalafina “Consolation” Special LIVE 2013

Kalafinaの4thアルバム発売記念の1DAYライブ行ってきました。
場所は…先週も行ったTDCH。
うう…どうしてもまだ吹っ切れませんが、そこは一旦忘れて
楽しもう!!と今週1週間はKalafina聴きまくってこの日を迎えました。

前回のAfter Edenのスペシャルライブもそうだったけど
今回もアリーナに花道が出来ていて、さらにステージ両脇に階段もあり
Kalafinaの三人がよく動き回るライブになってました♪

TDCHは何回も行ってる会場だけど、今回の席は初めての第3バルコニー!!
てか、FCで第3って…と思ったけどどこの席でも見やすい作りのホール
なだけあってすごく見やすかったです♪
しかもFBMがよく見えたし、Kalafinaの三人が花道で歌っていても全体
見渡せたしで結構よかったです。

FBMといえば。今回ちょこっとフォーメーションが変わっていて
なんと今野師匠がステージど真ん中に!!
もうそれだけでテンションあがっちゃいました!!
両隣の強サマとさくちゃんが座っているので今野さんが
一人真ん中に立って演奏しているので…なんか
今野さんがメインみたいになっていて…個人的にはすごくよかったです(笑)

そして今回のライブはもうKalafina三人の出来がすっごいよかった!!
今までで一番安定していたんじゃないかな♪
もう安心しきって聴いてました。初披露のアルバム曲たちも
安定の出来映えで、こんな曲を生でやっちゃうなんて凄っ!!と
思いながら聴いてました。
Wakanaちゃんがスロースターターだとか言われていたのが
懐かしいくらいでしたよ、ホントに。

あとは…それぞれ初披露曲の感想とかいろいろあるんだけど
また後ほど時間が出来たら更新します〜。

【日時】2013年4月6日(土)
【会場】TOKYO DOME CITY HALL
【開場】17:00【開演】18:00
【出演】Kalafina[Wakana、Keiko、Hikaru]
【Support Musician】Guitar:是永巧一、Bass:高橋“Jr”知治
Drums:佐藤強一、Violin:今野均、Manipuretor:大平佳男
Keyboard:櫻田泰啓

【セットリスト】
01.overture〜consolation
02.Kyrie
--MC--
03.moonfesta〜ムーンフェスタ〜
04.胸の行方
--MC--
05.花束
06.sandpiper
07.Magia
--MC--
08.木苺の茂みに
09.光の旋律
10.Door
11.未来
--MC--
12.ARIA
13.magnolia
14.destination unknown
15.signal
16.obbligato
--MC--
17.満天
18.to the beginning
アンコール
E01.al fine〜ひかりふる
--MC--
E02.夢の大地
2013年02月03日

TYPE-MOON Fes. -10TH ANNIVERSARY Blu-ray Disc Box-

TYPE-MOON Fes.のBlu-rayがちょっと個人的によかったのでおすすめ。

TYPE-MOON Fes. -10TH ANNIVERSARY Blu-ray Box(完全生産限定版)TYPE-MOON Fes. -10TH ANNIVERSARY Blu-ray Box(完全生産限定版)
イベント

アニプレックス 2013-01-16
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

と言っても私は、TYPE-MOONさんの作品はよく知らなくて知っているのは
梶浦さんが関わった「空の境界」と「Fate/Zero」くらいなので
とっても偏った見方ですが。あくまで梶浦サウンド好きの目線からの感想ですので。

もともとFJとKalafinaのライブ映像が入るというから買ったこの商品。
FJは今度出るVol.#9のDVDには入っていない曲を演奏しているし
Kalafinaのライブ映像も曲数も結構あるし、完成度高くてかなりいいんですが、
それよりも私が衝撃だったのがアンコールでFBMが演奏するインスト曲!!!!
これがもう滅茶苦茶かっこいいのなんのって!!
梶浦さんの曲じゃなくてTYPE-MOONさんの「魔法使いの夜」って作品のインスト
らしいんですがもうとにかく格好いい。2曲演奏しているんですが2曲目が
特に格好いい!!しかもバイオリンがっつりな曲なのでとにかく今野さんが
よく映る!!均好きの私としてはそれだけでもにまにま♪♪(^ω^)

最初映像見たときには「何これ格好良すぎるー!!!!」と思わず叫んだくらい。
正直これ見られただけでもこのBD買った甲斐があったと思ったくらいです。
FBMの格好良さを堪能できます。特に今野さん好きの方にはオススメ!!
もうここだけリピートして何回も見ちゃったくらいだし(笑)

これ見ちゃったらますますYKライブやKalafinaライブでの
FBMのインスト演奏を映像化して欲しいと思った。
ううーやっぱりVol.#9の2日目映像化して欲しかったなぁ…。
2013年01月21日

織田かおり 1stソロアルバム「PLACE」

かおりのソロアルバムの特設サイト出来てた。
S.jpg

最近かおりがティームエンタテイメントから織田かおりとして
色々歌っていたからそれらの曲がまとまったソロアルバムが
出ればいいのになぁーなんて思っていたので
このアルバムの発売を知ったときは本当に嬉しかった。
これでまとめてかおりのソロ名義の曲が聴けるし♪

そして驚いたのは前に出たシングル「Brilliant World」
「Calling」ワイルドアームズの「本気の嘘(Ver. true heart)」が
入ってること。違うレーベルから出てるから収録はされない
だろうと思っていたからこれはかなりポイント高いです!!
(これに「誰がために」が収録されればさらによかったけど)
このアルバム1枚でほぼ「織田かおり」ソロの曲が網羅出来るってのが
なにより素晴らしい。かおりのソロ曲はシングルも結構好きな
曲が多かったので今回のアルバムは楽しみなのです。

ソロライブもあるみたいなのでこれはちょっと行ってみたいな。
前回のソロライブは祝日だったのに仕事で行けんかったからな(涙)
2013年01月08日

FictionJunction CLUB LIVE "Yuki Kajiura Special SET LIST"

今年一発目のライブは梶浦ファミリーファンクラブライブ♪

梶浦ファミリー総出演で梶浦さんのプロジェクト
サントラからFJからKalafinaまでごちゃまぜでお送りする
まさにスペシャルな内容。色んなプロジェクトの
美味しいところをいっぺんに聴けちゃう豪華なライブでした。

【日時】2013年1月6日(日)
【開場】16:15【開演】17:00
【会場】Zepp Tokyo
【出演】梶浦由記
YUUKA・KAORI・WAKANA・KEIKO・YURIKO KAIDA・HIKARU
Guitar:是永巧一、Drums:佐藤強一、Bass:高橋"Jr."知治
Violin:今野均、Manipulator:大平佳男

ライブ始まって1曲目の「Point Zero」の時点で身体中が
ぶわーっと熱くなって体温あがった。
やっぱりこーゆー曲を生で聴けるのが梶浦ライブの
いいとこだよなぁ。本当に好きだと思った。
Vol.9で笠原さんが歌っていた部分を貝田さんが歌ってました。

梶浦さんがKalafina演奏するってのが貴重で
Kalafina曲の時は梶浦さんばっかり見てた。
アレンジも通常のKalafinaライブとはちょっと違ったり。
まぁ結構タッチミスもあって気になったりもしたんだけど
そこはFCライブお祭りってことでご愛嬌♪

ごちゃまぜセトリだったからメンバーももっとシャッフルしても
面白かったかなーなんて思ったけどそれだと色々
大変だよね。ちょっと贅沢な意見かな?
でもKalafina曲の時にせっかく貝田さんがいるのだから
貝田さんがCDでやっていた部分のコーラスをやって
欲しいなぁぁと思った。特にRed Moonとか!!

お題トークは「2013年私の主張」で1分30分でしゃべる。
通常のライブは梶浦さんが話しを聞いてという形だけど
せっかくFCライブなんだから歌姫に自由に喋ってもらおう
ということらしいのだけど梶浦さんが残り「30秒〜」とか
カウントしてたから喋りにくいんじゃ…(笑)

WAKANAは「感」という字をテーマに。「感動」とか「感情」とか
「感」のつく言葉を大事に。

貝田さんは「今年は妖精を見る!!見たらみんなに報告するから」って言ってた(笑)
小さい頃はよく見ていたらしいです。小さいおじさんとか(笑)

YUUKAが人見知りであまり人と仲良くなれなくてkAORIとは
仲良くなれないと思ってたと爆弾発言(笑)
YUUKAとしてはKAORIが年下でジェネレーションギャップが
あるから上手く付き合えるかな〜??って事だったらしいけど
KAORIが横で凄いショックを受けてました(笑)

KEIKOは今野師匠に教えて貰っているバイオリンの
課題曲「こぎつねこんこん」を今年こそはクリアしたい!!と。
そーしたら今野さんが後ろでKEIKOのへろへろバイオリンを再現。

KAORIはYUUKAの話聞いて「どーしてそうなっちゃったのー!?」と。
プライベートでも一番一緒に遊んでるのにぃぃ〜と嘆いてました(笑)
あとは残り30秒できっちり「PLACE」の宣伝して
綺麗にまとめていた。まとめ方が上手くて一番年下と思えない!!

HIKARUは全員の総括で一人一人の話に感想を
言っていくという形で。貝田さんの時に
「妖精はfariytaleの時にいっぱい飛んでますよ!!」って言ってた。
そして最後にYUUKAが忘れていたライブDVDの宣伝までするという。

FBMは
Jr.さんが「きれいな字を書く」
強さまは「梶ちゃんのお題はいつも僕に合わない」と返され(笑)
今野さんは「新しいバイオリンを注文したのでそれを弾きこなす」
という話に梶浦さんがそれでレコーディングしたいなと言ってました。
是永さんと大平さんは…ちょっと忘れちゃいました。

お題トークはこんな感じで。
あとは印象に残った曲は
「Credens justitiam」で貝田さんが最後指揮者のように
手を閉じて締めるのが印象的だった。
前まではKEIKOが妙にノリノリなのばっか目がいってたからな。

「winter」のKAORIソロはさすがの一言。


ラストに向けての
目覚め→stone cold→音楽→nowhereの順番は反則(笑)
このセトリはFJCライブでしか出来ない凄い曲順だと思う。
ここにZodi加わったらもっと凄いけど(笑)

そしてアンコール。歌姫ズだけが登場しての「silent moon」
この曲は梶浦さんがアマチュアでバンドやっていた時に作ったアカペラ曲で
当時はよく歌っていたそうなんだけど、ひとりまたひとりとメンバーが
いなくなり歌えなくなっちゃったので、もうこの曲が生で歌われることは
二度とないんだろうな…と思っていたそうで。それが今日、再び生で歌って
貰えたことに感動して梶浦さんが思わず泣いてしまったのが、もう!!!!
思わず一緒にもらい泣きしてしまいましたよ。
最後の「sing s song」はスクリーン見えないよぉぉー!!って状態に。

【セットリスト】
01.Point Zero(Fate/Zero)
02.let the stars fall down(Fate/Zero)
03.red moon(Kalafina)
04.Silly-Go-Round(FJY)
05.約束(FJY)
06.星屑(FictionJunction)
07.fairytale(Kalafina)
08.nostalgia(FJY)
09.I reach for the sun(FICTION II)
10.Credens justitiam(まどか☆マギカ)
11.winter(FICTION)
12.屋根の向こうに(Kalafina)
13.媛星(舞HiME)
14.目覚め(舞HiME)
15.stone cold(FictionJunction)
16.音楽(Kalafina)
17.nowhere(FJY)
18.open your heart(FICTION)
【アンコール】
E01.silent moon(sing a song cw)
E02.sing a song(FJCソング)

毎回思うけど、今回は特に行けてよかったと思えるライブだった。
梶浦さんのライブって何回行っても感動が変わらないんだよね。
いっつも幸せになる。そして梶フェス楽しみすぎ!!
2013年01月06日

今年のライブ初め!!

今年一発目のライブ
FictionJunction CLUB LIVE "Yuki Kajiura Special SET LIST"
に行ってきましたー♪

梶浦さんのあらゆるプロジェクトの中からごちゃまぜで
お送りするライブでもうライブ自体もかなり楽しかったのだけど
とりあえずそれよりすごい発表があったのでライブの話
自体はまたのちほどで。

ななんとVol.#10の開催が決定!!
しかも、FJ歌姫ズ、Kalafina、YUUKA、FBM、赤木りえさん
戸丸華江さん、笠原由里さん、伊東恵理さん、とほぼ全員揃い
なんと梶浦さんの口からEmily Bindigerさんもゲストで来ますと!!!!
その名も「Kaji Fes」だそうです。

こ、これは凄い!!ついにEmily来日でもう発表があったその瞬間
思わずのけぞっちゃったし…。梶浦さんのデビュー20周年ということも
あり盛大にやっちゃうそうです。いやぁ、Vol.#10と20周年の
時期がかぶりそうだから何か全員集合の豪華なライブとかやってくれたら
いいなぁなんて数年前に妄想していたんだけど、本当に実現するとは♪
休憩もはさんで5時間はやっちゃうぞーって言っていたので
これは本当にお祭りですね。

5月11日、東京国際フォーラムAだそうで楽しみすぎるでしょ♪♪
2012年12月22日

X'mas Premiun LIVE 2012 "Kalafina with Strings"

今年最後のライブ!!Kalafinaのクリスマスライブに行ってきましたー♪
今回は今野ストリングスと共演って事で個人的にはほぼストリングス
目当てと言ってもいいライブでした。

CIMG1054.JPG

【日時】2012年12月22日(土)
【会場】かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
【出演】Kalafina[Wakana、Keiko、Hikaru]
【Support Musician】Piano:櫻田泰啓
1st Violin:今野均、2nd Violin:藤堂昌彦、Viola:生野正樹、Cello:結城貴弘

今野さんとまーくんが一緒に演奏しているところが観られる!!!!とか
思ってワクワクしていたんだけど、最終的にチェロの存在感が
思っていた以上に凄くて結城さんに釘付けになってました。

梶浦曲ってバイオリンの存在が大きいのは言うまでもないんだけど
チェロも結構存在感があるんだよなと改めて感じた。
そして去年のアコーステックより今回の編成の方が個人的には好き。
やっぱ梶浦曲とストリングスの相性っていいよね。
だからすごく自然にアレンジが入ってきたんじゃないかな思う。

最初音のバランスのせいか「んん?」って思うとこがあったんだけど
3曲目あたりからその辺が少しずつ解消されていったように感じた。
最初はあまりのバランスの悪さにあれ?今日みんな調子悪いのか?って
思ったくらいだし。最初の曲は普段歌ってない賛美歌だし
他の曲に比べると歌いこんでないからってのもきっとあるのかなと。

そうそう久々に「seventh heaven」のKeikoの出だしで鳥肌がたった!!
あと「neverending」はせっかくチェロがいるのだからCDでは
チェロのとこを今回は結城さんに弾いて欲しかったな〜。
いや、今野さんのバイオリンは大好物なんだけど。
今回はせっかくチェロいるのだから。

「満天」が原曲の壮大なアレンジがストリングスで再現されていて
すっごく格好良かった!!!!普段の「満天」もカルテットでやって
欲しいと思うほど迫力があってよかったな〜♪

あとは「屋根の向こうに」
割と原曲に近い感じのアレンジでストリングスが
じっくり聴ける曲。チェロの存在感が凄かった!!
これ聴いちゃうとチェロなしが物足りなくなっちゃいそう。

そして「ひかりふる」と「未来」はまさかフルバンドで聴く前に
アコースティックアレンジで生で聴くことになるとは。
「ひかりふる」は会場の雰囲気とも合っていて神秘的でした。
やっぱWakanaちゃんの「濡らし〜」の裏声部分は鳥肌たっちゃう!!

最後は「Have Yourself A Merry Little Christmas」
去年のクリスマスライブとFJCのイベントでも歌った曲。
Kalafinaのクリスマス定番曲になりつつあるな。

そんなわけでざっくりな感想でした。
今回の編成のライブはまた聴きたいと思った。
アコースティックは個人的にはそんな頻繁にやらなくても…なんて
思っているんだけど、今回の編成なら1年に1回くらい
こんなライブもいいなと。
贅沢な話だとFBMと共演ってのも1回聴いてみたいけどね。

【セットリスト】
01.荒野の果てに
02.storia
03.seventh heaven
04.neverending
05.intermezzo
06.Lacrimosa
07.Eden
08.うつくしさ
09.red moon
10.もろびとこぞりて
11.fairytaile
12.君が光に変えていく
13.満天
14.Gloria
15.輝く空の静寂には
16.屋根の向こうに
17.snow falling
18.symphonia
19.ひかりふる
【アンコール】
E01.sprinter
E02.未来
E03.Have Yourself A Merry Little Christmas
2012年10月08日

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語

image/2012-10-09T01:10:37-1.jpg

昨日のレイトショーでまどか前編観てきましたー♪
とりあえず話の内容はTV版のまんまってことらしいが
とにかく劇伴が新曲あるわ、既存の曲も5.1でmixし直したって言うし
Kalafinaの新曲も流れるっていうからこりゃ梶浦ファンとしては
観に行かにゃーいかんだろ!!と。
もう「観に」というより完全に「聴きに」行ってきました(笑)

もうね!!見せ場が新曲で興奮しまくりでしたよ!!!!
特にかの有名なマミったシーンはもうこれから悪い事しか起こらんだろう
という妖しいBGMが流れてくるし、さやか暴走シーンでは
笠原さんのボーカル曲がどーーーん!!と流れてくるし!!
新曲の気合いの入れ具合がすごい!!このままだと後編のワルプル戦とか
どーなってしまうのー!?(←すでにかなり期待大)
既存の曲でも「あぁ、赤木さん!!」とか「あぁ、貝田さん!!」とか
そんなんばっかりで(笑)
特に劇場で「Pugna cum maga」がかかった時はおおおお!!って
なってしまった。この曲きちんとサントラのクレジットでは
書いてないけど梶浦さんがコーラスしてる曲で梶浦さんん声が
よーく聴こえる曲だからきゃぁぁぁあぁぁぁー!!!!となってしまった。

Kalafinaの新曲はなんとマミさんのテーマに日本語の歌詞を乗せたものという!!
でも結構、尺が短くて「えっ!?えっ!!!!?」と思っているうちに終わっちゃった(笑)

とにかく劇場のいい音響で梶浦サウンドが満喫できただけで満足。
そして最後の「Magia [quattro]」が怖すぎる!!!!(笑)
あの終わり方から流れてくると怖さ倍増で!!今野さんのストリングスが
さらに怖く聴こえるー。強サマのドラムソロすらおどろおどろしく聴こえてきたし。
あとmixのせいかKeikoの声がすごーくよく聴こえたんだよね。
逆にWakanaの声は聴こえずらくて貝田さんのハモリの方がよく聴こえたという(笑)
しかしクワトロアレンジが活きまくりなエンディングでございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。