2015年01月11日

石川智晶 時代モノ艶歌〜好機到来〜

智晶さんライブ2日目!!
本日は和楽器奏者を迎えての和モノ楽曲中心のライブということで
今までとは違うものを見る事が出来そうで特に楽しみにしてました。

DSC_0178.JPG

入り口で巨大にゃんこがお出迎え。
前日の公演で舞台にいたにゃんこが本日は外にいました。思わず写真撮ってみたんですが、にゃんこが蛍光ピンクだからか合成写真っぽいのは気のせいだろうか…?(笑)
合成写真じゃないですよ。

DSC_0176.JPG

緒方恵美さんからお花来てました。智晶さん緒方さんと仲いいですもんね。

そんなわけでライブの感想を。とりあえず…

「和太鼓凄かった」

もうホントこの一言。最初っから和太鼓ソロで始まったのだけど、生の迫力も凄いしとにかく腕の動きが凄かったし、もう本当に凄かった!(凄かったしか言えない)
昨日もよかったのだけど、やはりサポートメンバーの人数も多いし音の厚みと迫力が倍以上に感じられました。

色々考えたのだけれど、やはりパーカッションの存在大きいなと。今回はそれが和太鼓で。リズム隊がいるのといないのではこんなに違うものなのかと。智晶さんの通常のライブってギター・ベース・ピアノでドラムやパーカスの方がいないんですよね。今回和太鼓の演奏が加わったことによって、そこが補われてさらに生演奏に迫力が出たのかなと。そんなわけで通常ライブでもドラマーの方を呼んで頂きたくなってしまったのですが。いや、むしろ石川智晶ライブはパーカスが常に和太鼓でもいいですが♪

そして私の席は丁度篠笛奏者の藤舎推峰さんの目の前だったので、そちらも思わずじっくりと見ちゃいました。
和楽器ってやはり独特の音色で普段行っているライブでは聴く事がなかなか出来ない音だったりするのですごく惹き込まれたんだけど、すごく印象に残ったのは演奏してない時の姿。それがすっごく格好良くて。どっしりと椅子に座るその姿勢がそれだけで絵になるというかなんというか。和楽器特有の世界観を感じられる瞬間でした。
いつものバンドメンバーも着物で登場していて、それも格好良かったですね。FIREさんとか智晶さんに何か違う〜と言われてましたが(笑)

今回「和モノ」ライブということで事前にこんな曲やる予定ですよって告知していた中にあった「49scale」。実はこの曲智晶さんの曲の中でもかなり好きでこれが生で聴けるだけでもう楽しみすぎる!!って状態だったのです。アレンジがかなり加えられていて結構別ものになっていたのは驚きましたが、正直この曲生でやる事なんてほとんどないだろうなぁと思っていたのでかなり感激でした。

アンコールで「アンインストール 〜僕が最後のパイロットRemix〜」をさらに和楽器入れてのアレンジにしてくるとか想像もしてなかったのでこれはかなり驚いた選曲でした。ライブでアンインストールのRemix結構定番化してきているような。次はさらに違うアレンジで聴けたりとかしちゃうのでしょうか。

今回の和モノライブ。好評であればまたやるかもとのことだったので、これは是非またやって欲しい!!石川智晶の個性としてとても面白いと思うので、是非シリーズ化して定期的にやっていただける事を願っています。

石川智晶 時代モノ艶歌〜好機到来〜


【日時】2015年1月11日(日)
【会場】AiiA Theater Tokyo
【開場】16:00【開演】17:00
【出演】石川智晶
【Support Musician】Guitar・Programming:西田マサラ、Bass:松田"FIRE"卓己
Piano:藤井洋、尺八:小湊昭尚、篠笛:藤舎推峰、和太鼓:金刺凌大

【セットリスト】
01.青の中の青
02.逆光
03.北極星 〜ポラリス〜
04.The Giving Tree
05.49scale
06.落涙
07.前夜
08.ティル・ナ・ノーグ
09.涙腺
10.それは紛れもなく 〜選ばれし者のソリチュード〜

アンコール
E01.涙
E02.アンインストール 〜僕が最後のパイロットRemix〜
E03.Shylpeed 〜シルフィード〜
この記事へのコメント
コメントを書く
Name [必須入力]

Mail

Website

Comment [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。